コーチングって楽しい

自分の話を聞いてくれる人がいたら幸せ

母親は元祖ワーママだったんです。

今みたいに育児休暇もない時代。

産後8週間でフルタイム復帰の時代です。

優しい母でした。今も大好きです。

今思うと、とてつもなく忙しかったと思います!

でもやっぱり寂しかったなぁって記憶はあります。

一緒にいたかった。

もっと話を聞いて欲しかった。

ただ話を聞いて欲しかった。

コーチングレッスンの一コマでそんな昔の記憶が蘇りました。

一緒に受講されているRyokoさんのお子様に対する接し方をお聞きしたときに

ずっとモヤモヤってしていた悩みが湧き出てきたんです。

私は子供に対して「聞く」という姿勢が全くなかったのだと。

私は母親として
このままでいいのかな?
でも何をどうすればいいのかわからない
何かが違う
ずっとモヤモヤしていたんです。

いつもはあんなに笑顔を大切にしているのに

子供にこそ最高の笑顔でいたいのに
なぜかできていなかった。

きっと背伸びしてちゃんとした母親を演じようとしていたんだと思いました。
ベクトルが自分に向いているんです。
やりたい!楽しい!ではなくて、しなくては‼になっている。

ありのままでいいんじゃない。

完璧なお母さんじゃなくていいんじゃない。

子供はただただ聞いて欲しいんですよ。自分がそうであったように。

自分の気持ちを聞いて欲しいのは、大人だって同じですもの。

答えは自分で見つけるのです。(小さな子供には無理でも寄り添うことはできる)

だれか自分の話をちゃんと聞いてくれる人がいてくれたら。

そして、その誰かは母親の私でありたいし、子供にとっても自分のお母さんだったら

最高に幸せですよね。

それだけで幸せなんです。

レッスン後、意識して
子供の話をしっかり聞く。
聞いた内容をただ繰り返す。
もっともっと聞かせて!他には何かある?と意識して笑顔で聞いてみました。

Ryoko さんの言うとおり、子供って本当にダイレクトに反応してくれる!!

お目目がキラキラして!楽しそうに何でも話してくれる!
素晴らしいことに気がつけて、最高にしあわせです!

いつもするのは難しいと思いますが、意識して意識して習慣化していきたいと思いました。

子供の話を聞くこと以上に大切なことってないですよね。

(本日の鬼度ゼロ%)

「変わりたい!」を「変わった!」へ。 継続率93.4%の「自分アップデート コーチング講座」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です