ドリームツリー

【ドリームツリー】他者貢献となる目的が見つからないときの解決策

ドリームツリーを作る際に、「他者貢献となる目的が見つからない」時の解決策を考えていきたいと思います。

こんにちは、コーチングプレイス認定コーチのmiwaです。

思い切って「目的」を決めてしまう

解決法は、何でもいいから「決めてしまう」ことです。

元も子もないと言われてしまいそうですが、

これが一番手っ取り早いです。

今の時点で、曖昧だったとしてもイイんです。

叶っていなくてもイイんです。

自分の本心にウソさえついていなければ

価値観に合ってさえいれば。

「目的」とは、「人生で成し遂げたい事」「他者貢献」です。

ドリームツリーの中でいちばん大切な要素です。

 

なぜ、「決める」ことが大切なのか

なぜ、「決める」ことが大切なのか

それは、未来の理想を「決めた」時点で、

今の現状とのギャップを探しに行くからです。

ギャップを埋めるために、行動していくからです。

参考までに、元サッカー日本代表の本田選手が同じようなことを語っていました。宜しければ、ご覧ください。

私は、「決めた」ことで、行動できました

行動を進めるために、自分の価値観にはウソをつかないことが大切です。

例えば、私は当初「毎日コーチングをすることで、沢山の方に笑顔に元気に前向きになってもらいたい」という目的に決めました。

書いた当初は、まだ数十名にしかコーチングを提供できていない状況でした。自分のことだけで精一杯で、私のコーチングが誰かのためになるなんて考えられない!

そんな風に思っていましたが

 

「ザコーチ」にも、目的は他者貢献となるものを書いてくださいとあるので

当時の状況としてはウソだけれど、価値観としては、本心になるものを

「目的」として決めました

 

この目的を叶えるためだったら、違和感なく行動できると思ったからです!

実際に、決めた通りに2019年は行動が進んでいきました

 

「違和感なく」が大切です!

自分の本心に問うてください。

 

現状としては、叶っていない

本当は他者の事まで考えられない(自分の事だけ)だとしても

価値観に沿った他者貢献の「目的」を決めてください。

 

「決めて」しまったら、何かが動き出しますよ~!

違うと思えば、いつでも変更すればいいんですから。

 

「違う」かどうか、わかるためにも、「決める」必要があるんです。

 

2019年5月から2020年5月1日まで【310回】のコーチングセッションを提供させて頂きました

ABOUT ME
miwa
大学卒業後、花屋、web動画制作、経理職を経て、2019年に専業主婦から起業。当時は家族の転勤に帯同するため、専業主婦でした。 起業1年目でプライベートコーチングセッションの実績が300回を超えました。 2020年から、夢の実現をサポートする「ドリームツリーのグループ講座」を開講。開催する講座は全て満席に! 主に30代~50代、会社員、フリーランス、起業家、育児中、様々な職業の女性に向けて、自己実現や、夢・目標の達成をコーチングを通して「行動を起こす」サポートをしております。 コーチングが好きな理由は、「新しい」「行動」「挑戦」「変化」の瞬間を共有できるからです。 プライベートでは、2児の母です。趣味は、マンガ、英語学習、ワイン好き、カフェめぐり、花屋さんめぐり、散歩しながらオシャレな家を眺めること、投資、映画、草抜き、インスタ映えしないガーデニング作り、そしてコーチング
コーチングのお申込み