コーチングって楽しい

「聞いています」より「聞きたい!」

2019年4月11日

本当の優しさとは

人を席を譲ってあげることではない

譲られた席には

自分で選んだ責任と勝ち取った喜びがないから

【大好きな森山直太朗の歌「優しさ」冒頭より】

この歌が大好きです。

(大好きすぎて、書写して額に飾ったくらい)

歌詞が深いんです。

色々考えさせられてしまいます。

なぜだかわからないけど、心に響いたんですよね。えぐられたというか

実生活では、席は人にむしろ譲ってしまいます。

電車で席をとるのは苦手です。

取り合いになるくらいなら喜んで立たせて頂きます!!

 

ここ最近、10年前のこの歌をよく思い出していました。
それがなぜなのか、今日わかりました。

 

コーチングと似てると思ったんです。

 

自分で答えを見つけること

答えは自分の中にあるということ。

 

今日も、オンラインでコーチングセッション練習をさせていただきました。

(累計2回目のコーチ役です)

 

アグレッシブに行動されている方のお話しを聞かせて頂くのは、この上なく楽しいです。

もっともっと聞きたくて前のめりになってしまいます。

 

「聞いています」ではなくて、「もっと聞きたい!♪」となります。

 

今回も前回同様

 

ほとんど質問することなく、

クロージングすることなく

 

クライアントさんがおひとりで答えを見つけられました。

 

セッション途中から、クライアントさんが後光がさしてきたように輝いてみえました。

 

体中から生き生きとしたオーラがでていました。

 

幸せのおすそ分けをして頂いた気分でした!

私ももっと頑張ろうって思えました!

 

その方から頂いた私へのフィードバック

「私のおかげで、気持ちよく話すことができました」

 

私はただ楽しく聞いていただけなのに、そういって頂けたこと、新鮮と喜びでいっぱいです

 

「聞きたい!」という気持ち、大切なんですね!

 

-コーチングって楽しい

© 2020 miwaコーチング Powered by AFFINGER5