コーチングって楽しい

コーチングがくれた子供との時間

2019年4月29日

こんにちは  miwaです。

コーチングを学んで良かったと思えることのひとつに、

子供との会話が増えたことがあります。

意識的に「傾聴」したり、「質問」を投げかけたりするうちに、

娘との会話が弾むようになりました。

先日のこと、園の帰り道

3歳娘「かあーちゃん、ちょう、おみしるのんだよ!」(嫌いなお味噌汁を飲んだとアピールしている)※(言い間違えが可愛すぎるから治してない)

私「そうなんや!おみしるたべたんや!(コーチングスキルの承認中。)」

3歳娘「うんそうやよ!(認めてもらえて満面の笑み )」

私「おみしるには、何が入っていたん?(会話を広げてみます)」

3歳娘「んーとね、イチゴ!」

私「イチゴ入ってたんや!美味しそうやな!(一応、承認する )」

3歳娘「あたし、イチゴだーいすき!(大満足の顔)」

私「他には何が入っていたん?(さらに会話を広げる )」

3歳娘「んーとね、ブドウ!」

私「他には!!!?(さらに選択肢をふやしてみる)」

3歳娘「おにく!!」

私 「そっか!今日はイチゴとブドウとおにくのおみしる食べたんや!?」

3歳娘「うん!そうやよ!」

聞けば聞くほど、子供の想像力ってどこまでも広がるだなあ!って感動しました!

今まで、夕方になると仕事で疲れきってしまって、ご飯食べさせ、お風呂にいらし、寝かすことだけで精一杯。

子供との会話って、こんなにも人生を豊かにするものなんですね。

子供がまだ小さいうちに、コーチングと出会えたことに、幸せを感じました!

 

(ちなみに、その日の連絡帳にて、担任の先生からの一言。次女ちゃんがお味噌汁を食べることができず、手こずっていますとのことでした・・・ )

 

-コーチングって楽しい

© 2020 miwaコーチング Powered by AFFINGER5