コーチングって楽しい

子供のありのままを認めてあげたら、とても楽になりました。

2019年7月7日

こんにちは!

コーチングプレイス認定コーチのmiwaです。

 

今春、我が家の自由奔放な次女、茎ちゃんが入園式で電撃デビューを果たしました。

 

式会場で、司会者の方が開会のアナウンスを始めようとした瞬間に

茎ちゃんが突然大声で「1番前(の席)がいい~!!!!」と、

壇上の真ん前で泣き暴れ主張しはじめたのです(茎ちゃんの指定席は4列目)

 

先生方、ママ友たちがゴクリと唾を飲み込み、見守る中

多分5分くらいは説得してみたのですが

もうどうしようもないわ!と断念し

母ちゃん新しい洋服とバッチリメイクでルンルンでしたけど、仕方なく退場しました。

 

そして、私達が退場するや否、入園式が軽やかにスタート。

 

会場外の先生方に平謝りしながら

実は、内心、めっちゃ大笑いの母ちゃんでした。

こんなにも自分の気持ちに素直になれるなんて!

ありのままの自分で居られるなんて!

ありのままの3歳児って、清々しいと!

 

ひとり感動していました。

(実は厳かな式典はとても苦手なので・・・)

 

子供のありのままを認めてあげると、こんなにも楽になるのですね。

 

以前の私だったら、入園式直前に退室したことを恥ずかしく思ったと思います。

 

ストレングスファインダーに出会って

自分のありのままを受け入れられるようになってから

子供のありのままも受け入れられるようになってきました。

 

茎ちゃんは、いつも、1番とか、特別とか、独り占めとか、そういう行動をします。

(だから、たぶん一番前の席じゃなかたったことが、すごく嫌だったのだと思います。)

 

きっと茎ちゃんは競争性だと思います。

 

(今度、あの有名な競争性のコーチング師匠に確認してみることにします!)

(仮にお名前は塙さんとさせていただきます)

 

ちなみに、その日我が家で、幼稚園入園式に出席したのは、数週間前に卒園したばかりの新小学校1年生の長女、蕾ちゃんだけ

 

そして、茎ちゃんの七夕の願いは「お空を飛びたい」でした

 

やっぱり自由が好きみたいです。

 

(私にそっくりです!)

 

-コーチングって楽しい
-,

© 2020 miwaコーチング Powered by AFFINGER5